森林環境譲与税について

更新日:令和4年7月9日

森林環境譲与税とは

温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止等を図るため、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から、平成31年4月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が創設され、令和元年度から森林環境譲与税の譲与が開始されました。

森林環境譲与税は、人口・私有林人工林面積・林業就業者数に応じて国から市町村及び都道府県に配分され、その使途は「森林整備やその促進に関する費用に充てること」とされており、公表することとなっています。

 

使途の公表について

坂町における森林環境譲与税の使途については、次のとおりです。

年度  

金額

事業名等  

事業内容

令和元年度  508,000円 坂町森林環境譲与税基金 木材の利用や森林の整備の促進に関する施策に充てるため基金に積み立て
令和2年度 1,080,000円 坂町森林環境譲与税基金 木材の利用や森林の整備の促進に関する施策に充てるため基金に積み立て
合計 1,588,000円