LOADING
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

新型コロナワクチン接種について

新型コロナワクチン接種について

 新型コロナワクチンは新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延を防止することが期待されています。

 ワクチン接種は任意です。強制ではありません。

接種の対象者

 原則、坂町に住民票のある12歳以上の方

 ※16歳未満の方の接種時はできるだけ保護者の同伴をお願いします

接種の優先接種について

 安芸郡4町(府中町、海田町、熊野町、坂町)は、64歳以下の新型コロナワクチン接種について、国が示す優先接種者である
 〇基礎疾患を有する方・高齢者施設等の従事者
 に加えて、
 〇町内の小中学校・保育園等の従事者
 にも優先接種することを決めました。

 また、坂町では独自に以下の方についても優先接種を行います。

 〇中学3年生(今年度15歳になる方)

 〇高校3年生(今年度18歳になる方)

 〇上記以外で、町内に住民票があり、今年度受験される方

クーポン券(接種券)の送付について

 クーポン券(接種券)は7月19日に12歳以上の方全員に送付しました。

 ※これから12歳の誕生日を迎える方には、順次送付します。

 クーポン券がお手元に届いていない場合は、役場保険健康課(082-820-1504)までご連絡ください。

接種までの流れ

 接種を受けるためには事前に予約が必要です。予防接種についてご不安な方は、まずは、かかりつけ医にご相談のうえ、ご予約ください。

予約

 1.Web予約サイトから予約

  坂町コロナワクチン予約専用サイト(全日24時間受付可能)

  ※ご希望の日時を指定することができます。

   予約枠に空きがない場合は、希望日が選択できないようになっています。

 2.電話で予約

  坂町コロナワクチン予約窓口 9時~17時(平日のみ)

  電話番号:082-820-1545

  後日、接種日時をお知らせします。

  (予約は先着順です)

接種会場・日程

 坂町では4月末から、高齢者から優先して接種を行っています。

 ワクチンの供給量によって、日程や時間が追加・変更になる場合があります。

 なお、まだ接種されていない高齢者の方も、下記の日程で接種することができます。

 ※Web予約では、予約が一杯で空きが無い日はカレンダーに表示されません。

会場:坂町町民センター

No. 1回目接種 2回目接種 枠数
8月5日(木) 8月26日(木) 180人
8月7日(土) 8月28日(土) 180人
8月21日(土) 9月11日(土) 180人
8月22日(日) 9月12日(日) 330人

9月25日(土)

10月16日(土) 180人

9月26日(日)

10月17日(日) 330人

会場:済生会広島病院(高校生以上の方のみ)

No. 1回目接種 2回目接種 枠数
8月21日(土) 9月11日(土) 210人
8月22日(日) 9月12日(日) 210人
8月27日(金) 9月17日(金) 120人
8月28日(土) 9月18日(土) 240人
8月29日(日) 9月19日(日) 240人
9月3日(金) 9月24日(金) 120人
9月4日(土) 9月25日(土) 240人
9月5日(日) 9月26日(日) 240人

※予約が満了している場合、ご希望に添えないことがあります。

※天候によっては、集団接種が中止となる場合があります。

住所地外接種について

 坂町では、64 歳以下の方向けのコロナワクチン接種を円滑かつ迅速に進めるため、広島県内の全市町と「広島県新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に係る覚書」を締結しました。この覚書により、令和3年8月1日から広島県内で広域的にワクチンの接種ができるようになります。

【坂町にお住いの方】

 坂町以外で接種を希望される場合は、『コロナワクチンナビ』や各市町のホームページに接種できる医療機関や集団接種会場が掲載されますので、そちらでご確認ください。

 予約方法は、広島県ホームページまたは医療機関や集団接種会場を設置する市町のホームページをご確認ください。

【坂町外(広島県内)にお住まいの方】

 住所地外接種依頼書を提出していただくか、坂町コロナワクチン予約窓口(082-820-1545 平日9時~17時)にお申込みください。

 後日、Web予約用の番号を郵送しますので、届きましたらWebかお電話で予約をしてください。

住所地外接種依頼書

【二重予約について】

 坂町の会場での予約と坂町外の会場を、二重に予約した場合は、速やかにどちらかをキャンセルしてください。

 大切なワクチンが無駄になる恐れがありますので、ご協力をお願いします。

接種費用

 接種費用は無料です。

ワクチンについて

 現在、坂町の集団接種で使用しているのは、ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンです。
 ワクチンは2回接種します。

 2回目の接種は、1回目の接種から3週間後の同じ曜日に接種します。
 1回目の接種から3週間を過ぎた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種をします。

  ファイザー社の新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

ワクチンパスポート

 日本から一部の国・地域へ渡航する方へ、ワクチンパスポート(新型コロナウイルスワクチン接種証明書)を発行します。申請時にはパスポートの提示が必要です。

詳しくは保険健康課へお問い合わせください。

 なお、この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は「接種記録書」をご利用ください。

住所地外での接種(広島県外にお住まいの方向け)

 坂町に住民票がない方で、やむを得ない事情(※)で坂町内の予防接種を希望される場合は、「住所地外接種届」を保険健康課に届け出てください。(届出には予防接種番号の記入が必要です。)

※やむを得ない事情の例

【市町村への申請が必要な方】

・出産のために里帰りしている妊産婦

・単身赴任者

・遠隔地へ下宿している学生

・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者

【市町村への申請が不要な方】(接種を受ける際に医師に申告を行う事等により、申請を省略します。)

・入院、入所者

・基礎疾患を持つものが主治医の下で接種する場合

・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合

・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合

・災害による被害にあった者

・勾留又は留置されている者、受刑者

・その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住しているもの

・その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者

   住所地外接種届.docx(広島県外に住所がある方)

接種を受ける際の同意について

 ワクチン接種は強制ではありません。
 予防接種を受けられる方の同意がある場合に限り接種を行います。

 現在、治療中の病気がある場合は、必ず事前にかかりつけ医にご相談ください。

  新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)

  新型コロナワクチンについてのQ&A(厚生労働省ホームページ)

ファイザー社ワクチンの接種後、数日以内に現れる可能性のある症状

症状の現れる割合 症状

50%以上

接種部位の痛み、疲労、頭痛
10~50% 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ
1~10% 吐き気、嘔吐

※これらの症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。

副反応による健康被害が生じた場合

 予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に予防接種法に基づく救済が受けられます。

  予防接種健康被害救済制度について(厚生労働省ホームページ)

Q&A

基礎疾患がありますが、接種できますか? 基礎疾患の状況によっては、ワクチンを受けるにあたって注意が必要です。ワクチンを受けてもよいかは、かかりつけ医に必ずご相談ください。
副反応は? ワクチン接種後には免疫反応が起こるために、発熱・倦怠感・頭痛等が出ることがあります。このような症状は数日間で改善することが多いです。症状がひどい場合、症状が続く場合にはワクチンを接種した医療機関やかかりつけ医にご相談ください。
かかりつけ医で接種することはできますか? 原則、住民票(住所地)のある市町の医療機関や接種会場で接種していただきます。ただし、長期入院中の方や、基礎疾患がある方がかかりつけ医で接種する場合など、住所地以外で接種できる場合もありますので、かかりつけ医にご相談ください。

相談窓口

 新型コロナワクチン接種に関する相談窓口が開設されています。

 厚生労働省新型コロナワクチン相談窓口

  ワクチン接種の施策等に関すること

  0120-761770 9時~21時(平日・土日・祝日)

 広島県新型コロナワクチン相談窓口

  一般的な問い合わせ及び相談・副反応等の専門的な相談など

  082-513-2847 24時間(平日・土日・祝日)