5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について

更新日:令和4年9月15日

接種対象者・回数・ワクチン

新型コロナワクチンの小児接種の対象は、日本国内に住民登録のある5~11歳の方です。

ワクチンはファイザー社の小児用ワクチンを使用し、3回接種します。

初回接種:2回(1回目接種から3週間あけて2回目を接種)

追加接種:1回(2回目接種から5か月以上あけて3回目を接種)

※2回目の接種後に12歳の誕生日を迎えた場合は、小児用ワクチンは接種できません。

 

新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。

 

接種券の発送時期について

・初回接種:5歳の誕生日を迎えるまでにお送りします。

・追加接種:2回目の接種から5か月が経過するまでにお送りします。

 

接種を希望する場合

小児(5~11歳)への新型コロナワクチンの接種につきましては、厚生労働省が、小児の副反応に対応できる医療体制の確保や、関係機関の連携体制の構築が必要であるとしています。

本町には小児科がなく、上記体制の確保が難しいため、町内の集団接種や医療機関での接種ができません。接種券が届きましたら、町外の小児科医等での接種をお願いします。

 

接種できる医療機関

「コロナワクチンナビ」で「接種会場を探す」から、ワクチンメーカー「ファイザー(5-11歳)」を選択して、接種したい医療機関の予約の方法を調べます。

かかりつけ医がある場合は、該当の医療機関がある市町のホームページから、予約方法を調べます。

 

注意事項

5~11歳の小児に対する追加接種について、オミクロン株流行下での小児における感染動向や追加接種のオミクロン株流行下における有効性及び安全性に関する知見等を踏まえ、5~11歳の小児に対する努力義務の規定の適用がなされました。

 

詳しくは、厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。