LOADING
ページトップへ戻る
Tel.082-820-1520
人(坂ぐらしの人たち)

空き家のリノベーションで、こだわりの空間を。武岡郁子さん

空き家のリノベーションで、こだわりの空間を。武岡郁子さん

武岡郁子さん

放課後等デイサービス ハピネス代表

坂町刎条地区在住

夫、子ども3人

住む場所にこだわりはなかった武岡さん。

奥様が代表を務める「放課後等デイサービス ハピネス」を立ち上げるための場所を探していたときに、「坂町の空き家バンク」で物件を発見。

場所にこだわりはなくても、建物には大切なこだわりがあり、金銭面も含めそれを実現するためには空き家のリノベーションだと考え空き家を購入したそうです。

その大切なこだわりとは、「ここに訪れる子どもたちにとって快適な空間を。そして、子どもたちの家族もくつろげる空間を作る。」こと。

この言葉通り、1歩足を踏み入れるとカフェに来たようなくつろぎを感じてしまいました。

むきだしの大きな柱は、長年、この家を支えてきた柱。旦那様のお気に入りポイントだそうです。

そして、今では珍しい柱時計は、建物の所有者の方に譲っていただいたそうです。

事業所となるお部屋は開放的で優しい光がさしこみ、なんとなくお家に帰ってきたような感覚に。

おしゃれなお家ですが、デザインを考えたのはデザイナーさんではなく、熟練大工さんとご夫婦。

昔ながらの日本家屋だったので、天井が低かったり、部屋の空間が狭かったり。

それを、思い描く空間へと作りあげていくのは楽しかったし、しんどかったそうです。

「最初、空き家を見たとき、どうなるかなと不安に感じる部分もありましたが、子どもたちが家の中で楽しそうに遊ぶ姿を見ると、ここに決めてよかったなと思います。」とのことでした。

奥様に「坂町を選んでよかったですか?」と尋ねたところ、「坂町には子どもたちと遊べる公園がたくさんあるし、子どもたちとお散歩していたら、おじいちゃんやおばあちゃんが気軽に声をかけてくれます。坂町を選んでよかったなって思っています。」と嬉しそうに話してくださいました。

旦那様は、「みんなでバーベキューができる場所を現在制作中です。入り口の柱には、ブランコを設置する予定なんですよ。」と楽しそう。

まだまだ、リノベーションが続くようです。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真