LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

高額療養費の申請

同じ人が同じ月内に同じ医療機関で次の表の金額を超える一部負担金を支払った場合、申請により、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。

【70歳未満のかた】

区分 所得要件 限度額

上位所得者

国保加入者の旧ただし書き所得の合計が901万円超

252,600円+(総医療費-842,000円)×1%

(多数該当の場合は140,100円)

上位所得者 国保加入者の旧ただし書き所得の合計が600万円超901万円以下

167,400円+(総医療費-558,000円)×1%

(多数該当の場合は93,000円)

一般 国保加入者の旧ただし書き所得の合計が210万円超600万円以下

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

(多数該当の場合は44,400円)

一般 国保加入者の旧ただし書き所得の合計が210万円以下

57,600円

(多数該当の場合は44,400円)

住民税非課税 同一世帯の世帯主と国保加入者が住民税非課税

35,400円

(多数該当の場合は24,600円)

  • 旧ただし書き所得とは、総所得金額等から基礎控除(33万円)を差し引いたもの。
  • 同一の医療機関(歯科は別計算)ごとに、入院と外来は別々に合計し、それぞれの額の内、21,000円以上のものを合算して自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます(合計額が21,000円未満のものは対象外となります)。
    また、1つの世帯で同じ月内に21,000円以上の自己負担額を2回以上支払った場合は、それらを合算して自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。(世帯合算)
  • 部屋代や、食事代は、対象外となります。

【70歳以上のかた】

(一般)

外来の一部負担金(個人単位)
14,000円(年間上限144,400円)
外来+入院(世帯単位)
57,600円(多数該当の場合は44,400円)

(現役並み所得者)

 各種控除後の住民税課税所得が年額145万円以上の70歳以上の国保加入者、及び同じ世帯の対象者をいいます。

外来の一部負担金(個人単位)
57,600円
外来+入院(世帯単位)

80,100円+総医療費が 267,000円を超えた額の1%

(多数該当の場合は44,400円)

(低所得世帯2)

 世帯主および世帯全員が住民税非課税の人をいいます

外来の一部負担金(個人単位)
8,000円
外来+入院(世帯単位)
24,600円

(低所得世帯1)

 世帯主および世帯全員が住民税非課税で、かつ、各所得等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯に属する人をいいます。

外来の一部負担金(個人単位)
8,000円
外来+入院(世帯単位)
15,000円

  • 医療機関の区別、金額に関係なく合算して、外来は個人ごとに計算します。
    入院を含む場合は、世帯内の70歳~74歳の人の金額を合算して自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。
  • 部屋代や、食事代は、対象外となります。

【多数該当】

 同じ世帯で、12ヶ月の間に4回以上高額療養費の支給を受けるとき、4回目から適用されます。

【申請に必要なもの】

  • 領収書
  • 印鑑
  • 世帯主の振込口座のわかるもの
  • 保険証

お問い合わせ

保険健康課 保険健康係

TEL
082-820-1504
FAX
082-820-1521
メ-ルアドレス
kenkou@town.saka.lg.jp