LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

平成30年7月豪雨災害に伴う医療保険等の一部負担金の取扱いについて

平成30年7月豪雨に伴う医療費・介護サービス利用料の一部負担金の取り扱いについて(坂町国民健康保険、坂町介護保険、広島県後期高齢者医療)

平成31年1月1日以降は医療機関へ証明書の提示が必要です。

平成30年7月豪雨により被災された方が平成31年1月1日以降、一部負担金の免除を希望する場合は、坂町または広島県後期高齢者医療広域連合が発行する「一部負担金免除証明書」の提示が必要です。役場保険健康課又は各出張所で申請してください。

証明書は、申請書類を審査の上、後日郵送します。

【申請に必要なもの】

・被保険者証

・印鑑(朱肉をつかうもの。シャチハタ印不可)

・(表1)のいずれかに該当する旨を証明する書類(罹災証明書等)

(表1)

免除の要件

①住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をした

②主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った

③主たる生計維持者の行方が不明である

④主たる生計維持者が業務を廃止し、または休止した

⑤主たる生計維持者が失職し、現在収入がない

なお、受付期間・免除期間は各医療保険、介護保険で異なりますので、お問合せ下さい。

※入院・入所時の食費、居住費、はり、きゅう、マッサージ、柔道整復、装具などは免除の対象になりません。

坂町国民健康保険及び広島県後期高齢者医療保険の被災者が

医療機関等に一部負担金を支払った場合

上の表1の①から⑤のいずれかに該当される方が、平成30年7月5日以降診療を受け、一部負担金を医療機関等に支払われた場合は、役場保険健康課又は各出張所へ申請してください。

審査のうえ還付することを決定しましたら、ご指定の口座へ入金となります。

還付申請期限:診療を受けた月の翌月1日から2年

還付申請に必要なもの

●表1の①から⑤のいずれかに該当する旨を証明する書類(罹災証明書、死亡診断書等)

●被保険者証

●印鑑(朱肉を使うもの。シャチハタ印不可)

●医療機関等で支払った一部負担金の額が確認できる書類(領収書等)

●振込先口座を確認できる書類(通帳等)

・坂町国民健康保険の方は世帯主の口座

・広島県後期高齢者医療保険の方は本人の口座

なお、坂町国民健康保険、広島県後期高齢者医療保険以外の被保険者の方については、医療費等の取扱いが異なる場合があります。詳しくは各保険者へお問合せ下さい。

PDFファイルを表示するためには、Adobe Acrobat Reader(無償配布)が必要です。お持ちでないかたはアドビシステムズ社のホームページからダウンロードしてください。
アドビ アクロバットリーダー(無償配布)アドビシステムズ社のホームページからダウンロードする

お問い合わせ

保険健康課

TEL
082-820-1504
FAX
082-820-1521
メ-ルアドレス
kenkou@town.saka.lg.jp