LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

児童手当

平成24年4月から新しい児童手当制度が始まりました!!

新制度の概要は、次のとおりです。

児童手当の概要

1.対象となる人

中学校卒業まで(15歳の誕生日の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

2.手当の月額について

区分

子どもの数(※1)

手当額

3歳未満(一律)

15,000円

3歳~小学校修了前

第1子・第2子

10,000円

3歳~小学校修了前

第3子以降

15,000円

中学生(一律)

10,000円

※1 子どもの数は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子どもの中で数えます。

3.支給月について

原則として、毎年6月、10月、2月にそれぞれの月の前月分まで手当を支給します。

4.所得制限について

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人
622.0
833.3
1人
660.0
875.6
2人
698.0
917.8
3人
736.0
960.0
4人
774.0
1002.1
5人
812.0
1042.1

※「収入額の目安」は給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

※所得には一定の控除があります。詳細は窓口へお問い合わせください。

児童を養育している方の所得が上記の額以上の場合、特例給付(児童1人当たり月額一律5,000円)

を支給します。

新しい児童手当制度でも、ひきつづき以下のルールを適用します

1.子どもの国内居住要件

お子さんが海外に住んでいる場合は、原則として子ども手当を受け取ることはできません。ただし、お子さんが海外の学校に留学している場合は、子ども手当を受け取ることができる場合があります。

2.子どもと同居している者を優先

父母が別居し、生計を同じくしない場合は子どもと同居している親が子ども手当の受給者となります。単身赴任の場合を除きます。


3.未成年後見人や父母指定者へ父母と同様の要件で支給

未成年後見人や父母指定者(父母等が国外に居住している場合に、父母等が指定した者)についても父母と同様の要件で手当が支給されます。


4.児童福祉施設等への支給

お子さんが児童福祉施設などへ入所している場合は、原則として入所している施設の設置者等が子ども手当を受け取ることなります。


5.保育料や学校給食費などを子ども手当から差引くことができます。

10月からは子ども手当から保育料を差し引くことが可能となります。また、同意していただいた方については、学校給食費などを差し引いて子ども手当を支給することができるようになります。

申請に必要なもの

住所地の役場(公務員の方は勤務先)に申請してください。

・ 印鑑

・ 受給者名義の金融機関の口座番号がわかるもの(通帳等)

・ 受給者の健康保険証

・ 課税台帳記載事項証明書(※転入等のため坂町に所得に関する資料がない場合のみ必要)

申請期間について

児童手当は、原則、申請した月の翌月分からの支給となりますが、出生日や転入した日(異動日)が月末

に近い場合は、申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。

お子さんが生まれたとき、住所が変わった時はお早めに申請してください。

お問い合わせ

民生課 福祉係

TEL
082-820-1505
FAX
082-820-1521
メ-ルアドレス
minsei@town.saka.lg.jp