LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

新型コロナウイルス感染症について

 坂町では、町長を本部長とする「坂町新型コロナウイルス感染症対策本部」を令和2年2月25日に設置し、必要な対応を行っています。

新型コロナウイルス感染症患者の発生について

 広島県における、新型コロナウイルス感染患者数は、令和2年7月7日(火)現在、171例(広島市85例、呉市1例、三原市1例、福山市24例、尾道市3例、三次市46例、東広島市2例、廿日市市4例、江田島市1例、府中町2例、海田町1例、住所不定1例)となっています。

※再陽性4例を含む。

緊急事態宣言は解除されました

 皆さまの命と健康を守るため、引き続き、次の感染対策へのご協力をお願いいたします。

県民の皆様へ「7つのお願い」

① 週末については、不要不急の外出をしない。
② 外出をする場合には、「3つの密」を徹底的に避けるとともに、体調管理、手洗い、咳エチケット、人と人との距離確保等の基本的な感染対策を実施する。
③ 屋内外を問わず、家族以外との大人数での会食や、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等に参加しない。
④ 夜間の繁華街の接客を伴う飲食店を利用しない。
⑤ 緊急事態宣言が発令されている都道府県への人の移動は厳に避ける。また、その他の都道府県についても、不要不急の移動は避ける。
⑥ 在宅勤務、時差出勤、自転車、徒歩通勤などにより、通勤時の人との接触を減らす。
⑦ 感染者・医療福祉関係者やそのご家族などを誹謗・中傷・差別しない。


事業者の皆様へ「5つのお願い」

①「広島県新型コロナウイルス感染症に対する安全職場シート」を活用して、「3つの密」の回避、発熱者等の事業所等への入場防止や飛沫感染、接触感染防止のための対策、人と人との距離確保等、各事業所の実情に合わせた感染防止策を自発的に講じること。
② 屋内外を問わず、大勢の者が参加し、密集状態等が発生する恐れのあるイベント等の開催を自粛する。
③ 不要な会議や出張を中止し、Web会議、テレワークの活用などにより、出勤者数を5割削減することを目指す。また、出勤した場合にも、座席間の距離をとることや、従業員の執務オフィスの分散などを促す。
④ 事業所等に出勤する従業員に対しては、時差出勤、自家用車・自転車・徒歩等による出勤を促す。
⑤ 緊急事態宣言が発令されている都道府県への不急の出張や人の往来は、感染防止の観点から厳に避けること。また、その他の都道府県についても、不急の移動は避けること。

 

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について

相談窓口

 ご自身の症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

学校・保育園・認定こども園について

各施設の利用状況について

健康に関する相談

個人に対する支援