LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

愛の献血にご協力ください

 坂町では、平成30年度中に3回献血会を実施します。(400ml全血のみ実施)

全国的に献血協力者は減少傾向にあり、広島県も例外ではありません。

献血へのご協力、よろしくお願いいたします。

献血は誰にでもできるボランティアです。ご協力お願いします。

実施日時について

実施日 場所 時間

平成30年8月19日(日)

午前

町民センター

午後

パルティフジ坂駐車場(TSUTAYA前)

※8月19日(日)の献血は中止です

午前9時~11時30分

午後1時30分~4時

平成30年12月16日(日)
平成31年3月17日(日)

終日

パルティフジ坂駐車場(TSUTAYA前)

午前9時~12時

午後1時15分~4時

献血できる方について

決められた基準を満たす方であれば、献血にご協力いただけます。

基準があるのは①輸血を受ける患者さんへより安全な血液をお届けするため②献血していただく方の健康を守るための理由からです。

献血の種類 年齢 体重 備考
400ml献血

男性

17~69歳

女性

18~69歳

50kg以上

65歳以上の方の場合、献血していただく方の健康を考え、60~64歳の間に

献血経験がある方に限ります。

なお、移動献血車での献血は400ml全血のみになります。

その他、献血に関しての詳細は献血基準献血をご遠慮いただく場合をごらんください。(日本赤十字社ホームページ)

服薬していても献血が可能な薬について

一部の薬については、献血当日に服用されている場合でも、原則として献血にご協力いただけます。

ただし、献血にご協力いただけるか否かの判断は、お薬の種類だけでなく、ご本人の体調・服薬目的・症状などを考慮して検診医が最終的な判断を行いますので、ご理解下さい。

<当日に服用しても献血可能な薬の一例>

薬の種類 備考
降圧薬 血圧がほぼ正常域にコントロールされている場合において献血が可能です。
高脂血症治療薬 一部の治療薬を除きます。
アレルギー治療薬

一部の治療薬を除きます。

ぜんそくのために服用されている場合は、症状により判断させていただきます。

尿酸値を下げる薬 平成29年4月1日から当日の服用でも献血可能となりました。

上記以外の、服用していても献血可能な薬に関しての詳細はこちらをご覧下さい。

坂町以外での献血可能場所として、広島県では献血ルーム「ピース」(広島市中区紙屋町)、献血ルーム「もみじ」(広島市中区本通)、献血ルーム「ばら」(福山市三之丸町)があります。詳細はこちらをご覧下さい。

お問い合わせ

保険健康課 保険健康係

TEL
082-820-1504
FAX
082-820-1521
メ-ルアドレス
kenkou@town.saka.lg.jp