LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

麻しんの患者が増えています

全国各地で麻しんの患者報告が相次いでいます。

麻しんの定期接種の方で未接種の方は、早く予防接種を受けましょう。

 

 今年は特にアジアの国々(インドネシア、モンゴル等)に渡航歴のある患者の届出報告が目立ちます。

 麻しんが流行している国に渡航する前には、ご自身の麻しんワクチン等の接種歴を確認し、未接種未罹患の場合は、接種後に渡航をご予定ください。

 また、麻しんワクチンの定期予防接種対象者(※)で、まだワクチン接種を受けていない場合や、受けそびれていた場合は、できるだけ早めの接種をご検討ください。

 ※麻しんワクチンの定期予防接種対象者

  (1期) 1歳から2歳未満児

  (2期) 5歳から7歳未満児で、保育園等の年長児にあたる年度の4月1日から翌年の3月31日までに接種する。

 麻しんに関する緊急情報(国立感染症研究所感染症疫学センタ-

 

 事前に渡航先の感染症の流行状況等をご確認ください。

 海外で健康に過ごすために厚生労働省検疫所(FORTH))

お問い合わせ

保険健康課 保険健康係

TEL
082-820-1504
FAX
082-820-1521
メ-ルアドレス
kenkou@town.saka.lg.jp