LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

平成31年度高齢者肺炎球菌予防接種について

 平成31年度の対象者は、次のとおりです。(対象者には平成31年5月頃に自宅に書類を郵送します。)

 接種を希望する方は、接種費用、持参物を確認し、事前に医療機関に予約の上、接種してください。(予防接種券が使用できる県内の医療機関で接種できます。)

なお、高齢者肺炎球菌ワクチンには、「23価肺炎球菌ワクチン」と「13価肺炎球菌ワクチン」があり、坂町の助成するワクチンは「23価肺炎球菌ワクチン」です。

接種できる期間

 平成32年3月31日(火曜日)まで

対象者 

 ①または②の方で、過去に一度も23価肺炎球菌ワクチンを接種していない方

①以下の年齢に該当する方

    年齢

(平成32年3月31日時点の年齢)

   

        生年月日

   65歳  昭和29年4月2日~昭和30年4月1日
   70歳  昭和24年4月2日~昭和25年4月1日
   75歳  昭和19年4月2日~昭和20年4月1日
   80歳  昭和14年4月2日~昭和15年4月1日
   85歳  昭和9年4月2日~昭和10年4月1日
   90歳  昭和4年4月2日~昭和5年4月1日
   95歳  大正13年4月2日~大正14年4月1日
   100歳以上  大正9年4月1日以前に生まれた方

②60~64歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能の障害又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害を有し、身体障害者手帳1級に相当する人。

注意

  • 過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種した場合は、5年間は効果が持続するといわれており、5年以内に次の接種をした場合は、副反応が強く出るとも言われています。
  • 平成31年度中については、100歳以上の方で、過去に一度も23価肺炎球菌ワクチンを接種していない方は定期予防接種の対象者となります。

接種回数

  1回

接種費用

  2,500円

持っていく物

  郵送する書類(予診票、予防接種券)、健康保険証、自己負担金

接種費用が全額助成となる手続き

  町民税非課税世帯、生活保護世帯の方は、役場保険健康課、横浜ふれあいセンター、小屋浦ふれあいセンターに申請すれば、接種費用が全額助成になる書類と交換します。

  (横浜ふれあいセンター、小屋浦ふれあいセンターの場合は、後日渡しになります。)

 

 申請の際に必要な物・・・郵送した書類一式、印鑑(認印)、健康保険証等

※代理人の方が申請に来る場合、接種者本人の印鑑と、申請に来た方の印鑑の二つが必要ですので、ご注意下さい。

★申請書様式は

こちら

です

★本人または世帯が同じ家族が申請に来る場合の記入見本は

こちら

です

★別世帯の家族(代理人)が申請に来る場合(委任状が必要な場合)の記入見本は

こちら

です

その他

 接種後は、接種記録を大切に保存しましょう。

お問い合わせ

保険健康課 保険健康係

TEL
082-820-1504
FAX
082-820-1521
メ-ルアドレス
kenkou@town.saka.lg.jp