LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

平成30年度町税・保険料の減免申請書の送付について

平成30年7月豪雨で被災された皆様へ

 このたびの災害により被災された皆様に対しまして、心からお見舞い申し上げますとともに災害の犠牲となられた皆様に衷心より哀悼の意を表します。
 被害を受けられた方で、罹(り)災証明書を申請された場合、被害の程度に応じて、下記の表のとおり、町県民税・固定資産税・国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・介護保険料を減免いたします。減免の計算後、納め過ぎている方につきましては、その額を還付(お返し)させていただきます。

 今回減免のお知らせを送付している方は、罹災証明書を申請された世帯の中で、減免の対象で課税額がある方に送付しています。

平成30年7月豪雨災害に係る税・保険料の減免割合について

税目 町県民税 固定資産税
(被災家屋分)
国民健康
保険税
後期高齢者
医療保険料
介護保険料
損害程度
全壊 免除 免除 免除 免除 免除
大規模半壊 2分の1 10分の6 2分の1 2分の1 2分の1
半壊 2分の1 10分の4 2分の1 2分の1 2分の1
床上浸水 2分の1 2分の1 2分の1

※対象者の所得金額によって、減免割合が変わる場合があります。
※土地・償却資産については、個別にご相談ください。なお、土地は原状復旧が困難で、本来の使用ができなくなったものが対象です。

減免の対象税額について

(例)町県民税 普通徴収(納付書及び口座振替の方)の場合
   年税額が80,000円とすると、災害発生の7月6日時点で納期が到来していない、2期~4期分の合計60,000円が減免の対象となります。

zeimennjo.jpg

 

 第1期の納期が7月6日より後の税目につきましては、年税額全額が減免の対象となります。

注意事項

※ 後期高齢者医療保険料については、災害が発生した7月から3月までの保険料が対象となります。平成30年4月から6月までの保険料は減免とはなりません。
※ 軽自動車税については、災害発生前の5月1日が納期となっているため、減免の対象とはなりません。
※ 申請の期限は特に設けておりませんが、申請書を提出しないかぎりは罹災証明書をお持ちの方でも、自動的に減免とはなりません。記入も難しくはありませんので、すみやかにご提出をお願いいたします。
※ この減免申請書は納税義務者お1人につき1枚提出してください。税目によっては、1世帯に2人以上納税義務者がおられる場合があります。(町県民税など)その場合は世帯主の方だけではなく、課税のある方全員が減免申請書を提出してください。
※ 提出は同封の減免申請書のみで、罹災証明書の提出は必要ありません。

申請受付開始

平成30年9月3日(月)から受付開始。
月曜日から金曜日 8時30分から17時30分 
(9月中は土日も受付をします。祝日は除く)

※郵送での受付もできます。
送付先 郵便番号731-4393 
広島県安芸郡坂町平成ヶ浜一丁目1番1号
坂町役場 税務住民課

申請受付場所

坂町役場1階 税務住民課 及び 小屋浦ふれあいセンター

お問合せ先

坂町税務住民課 町民税係 
電話番号(082)820-1503