LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

応急仮設住宅の申込みについて

平成30年7月豪雨災害の被災者に対し、応急仮設住宅の申込みを受け付けています。
入居を希望される方は随時お問い合わせください。

対象者

(1)入居者及び同居者が坂町に住所を有する者
  ※住所を有することとは、坂町の住民基本台帳に記載のあること。
(2)平成30年7月豪雨により被災した坂町内の家屋が次の①~③のいずれかに該当する者(見込みも含む)
  ①罹災証明書で「全壊」又は「大規模半壊」である。
  ②二次災害等により住宅が被害を受ける恐れがある、ライフライン(水道、電気、ガス、道路等)が途絶している、地すべり等により避難指示等を受けているなど、長期にわたり自らの住居に居住できない。
  ③罹災証明書では「半壊」であるが水害により流入した土砂や流木等により住宅としての再利用ができず、自らの住居に居住できない方。
(3)災害救助法に基づく住宅応急修理制度を利用していない者
(4)広島県被災者向け民間賃貸住宅借上げ制度を利用していない者

提供住宅

所在地

坂町平成ヶ浜五丁目2番(平成ヶ浜中央公園)
坂町平成ヶ浜五丁目1番(さか・なぎさ公園)
坂町平成ヶ浜一丁目3番(平成ヶ浜東公園)

タイプ 1DK 2DK 3K
戸数 47戸 43戸 8戸
面積 20㎡程度 30㎡程度 40㎡程度
世帯人員 1人~2人 2人~4人 4人以上

※ペットを連れて入居する方及び車いす用にスロープの設置を希望する方の住宅についても、上記の戸数に含まれておりますが、戸数に限りがございますので、空き状況などお問い合わせください。

注意事項

(1)空き状況については、坂町役場産業建設課までお問い合わせください。
(2)タイプは選べますが、個別に入居場所は選べません。
(3)虚偽の申請による申込みの場合には、入居許可を取消し、住宅の明渡しをしていただきます。
(4)犬、猫等のペットを連れての入居戸数には限りがあります。
(5)入居申込者及び同居者が暴力団員と判明した場合には、入居許可を取消し、住宅の明渡しをしていただきます。

入居期間

仮設住宅建設より6箇月間(災害救助の事情に応じ、仮設住宅建設より最長2年間)

家賃等

家賃は、必要ありません。
光熱水費及び、自治会費等は入居者の負担となります。

申込書類

応急仮設住宅入居申請書

入居時に必要となる書類

(1) 契約書
(2) 誓約書
(3) 罹災証明書(後日提出でも可、コピー可)
(4) 住民票の写し(被災した住宅に居住されていた全員のもの)
(5) (4)がない場合には、運転免許証または健康保険証等の第三者が発行した住所を証明できる書類の写し

申込み上の注意

※町営住宅等及び坂町借上げ住宅との重複申込みはできません。
※災害救助法に基づく住宅応急修理制度、広島県被災者向け民間賃貸住宅借上げ制度を利用している方の申込みはできません。
※申込み書類に必要事項を記入し坂町役場産業建設課に提出してください。

問合せ

役場産業建設課 082-820-1512