LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

坂町行政改革推進審議会(第3次・第2回)議事録

日時 平成28年3月2日(水曜日)15時00分~16時30分
場所 坂町役場研修室
出席者

広本会長、瀧野委員、奥廻委員、金子委員、垰本委員、柳委員

(事務局)副町長、総務部長、総務課長、総務係係長

  1. 開会

  2. 副町長あいさつ

  3. 議事

    1. 委員質疑等の回答について
  • 事務局より説明

    【質疑】

質問
回答

委員:

 町はニート、ひきこもりについて町内の人数、実態などは把握していないのか。

事務局:

 町の方から確認するのは難しい。民生委員等からの相談等に基づき、対応しているのが現状である。

  1. 坂町第3次行政改革推進計画策定に向けた計画概要について
  • 事務局より説明

    【質疑】

質問
回答

委員:

 税金の未納者に対しての対応はどのようなことを行っているのか。

事務局:

 納期限が過ぎて20日以内に督促状を送付し、それでも納付がない場合には、催告状を送り、電話や自宅へ訪問し納税依頼を行っている。

委員:

 それでも、支払わなかったら、国民健康保険証等は、利用できなくなるのか。

事務局:

 通常より有効期限が短い保険証を交付することで役場へ来庁する機会を増やし、納税相談を行う。

委員:

 支払わない者と支払えない者の見極めはどのようにしているのか。

事務局:

 収納担当には調査権があり、支払える状況にありながら、支払わない場合は差し押さえなど厳しく対応している。

委員:

 サンスターホールの今後の維持管理の経費について教えてほしい。

委員:

 サンスターホールの施設は、維持管理費が4000万円から4500万円かかっている。確実に劣化し、5年6年経ってくると維持管理費はさらに上がってくる。

 今のうちから、施設の利用を促進し、少しでも維持管理費に充てられるようにするべきではないか。

事務局:

 サンスターホールについては、今年度太陽光発電設備を設置し、余剰電力を売電し、基金に蓄え、将来の維持管理費に充てることを予定している。

 また、継続的なものとして、施設の利用料金を維持管理費に充てるため、様々な事業を計画しており、利用の促進を図っていく予定としている。

委員:

 循環バスについて、同一運賃にすることや小さなバスを運行させるなどの改革が必要ではないか。

事務局:

 循環バスについては、現在全般的な見直しも含め、循環バス検討委員会で検討されている。

委員:

 敬老会の案内状配布を女性会が行っているが、施設等に入所し、長期間留守の家がある。このような家には、案内状の配布をなくしてはどうか。封筒や用紙が削減できるのではないか。

 また敬老会の催し物等についても、もう少し工夫することはできないか。

事務局:

 敬老会の案内状については、坂町に住所を有している75歳以上の世帯に案内しており、住所を変更せず施設入所した場合など事前に案内をしないのは難しいと思われるが、担当課での対応状況を次回報告する。

委員:

 65歳になった方に、万歩計を配布しているが、今後も続けていくのか。

事務局:

 平成28年度からは、65歳になられた方で、希望者のみ申請に基づいて配布を行う予定である。

委員:

 毎月、配布される広報紙に広告欄を設け、広告費用を頂いたら収入が増えるのではないか。

事務局:

 現在、ホームページの中にバナー広告として、広告費用を頂いている。

 広報紙については、紙面の都合もあるので検討させていただく。

  1. 策定スケジュールについて
  • 事務局より説明(質疑なし) 

 Ⅳ. その他

質問
回答

委員:

 町内の認知症サポーターの人数は、何人ぐらいいるのか。

事務局:

 次回の会議にて報告する。

  次回の審議日程について

     第3回審議会  3月15日で調整する。

 Ⅴ. 閉会

お問い合わせ

総務課 総務係

TEL
082-820-1510
FAX
082-820-1522
メ-ルアドレス
soumu@town.saka.lg.jp

合わせてご覧ください