LOADING
  • ホーム
  • サイトマップ
  • 背景色
  • 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大

留守家庭児童会指導員

留守家庭児童会指導員の詳細は、下表のとおりです。

職種 留守家庭児童会指導員
採用期間 欠員が生じた時
勤務時間

平日:4時間、土曜日・長期休業中:6~8時間

勤務場所 坂小学校、横浜ふれあいセンター、小屋浦ふれあいセンター
賃金 時給:950円
登録資格(資格、年齢など)

児童福祉施設最低基準第38条に規定する資格(下部参照)

提出書類(申請書以外) 資格証(写し)もしくは福祉事業在職証明書
問合せ先

生涯学習課:082-820-1525

備考
  • 勤務体制は、月曜日~土曜日のうちシフト制により不規則

児童福祉施設最低基準第38条

児童厚生施設には、児童の遊びを指導する者を置かなければならない。

2 児童の遊びを指導する者は、次の各号のいずれかに該当する者でなければならない。

(1) 地方厚生局長等の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校その他の養成施設を卒業した者

(2) 保育士の資格を有する者

(3) 学校教育法 の規定による高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者、同法第90条第2項 の規定により大学への入学を認められた者若しくは通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む。)又は文部科学大臣がこれと同等以上の資格を有すると認定した者であつて、2年以上児童福祉事業に従事したもの

(4) 学校教育法 の規定により、幼稚園、小学校、中学校、高等学校又は中等教育学校の教諭となる資格を有する者

(5) 次のいずれかに該当する者であつて、児童厚生施設の設置者(地方公共団体以外の者が設置する児童厚生施設にあつては、都道府県知事(指定都市にあつては、市長とし、児童相談所設置市にあつては、児童相談所設置市の市長とする。以下同じ。))が適当と認めたもの

イ 学校教育法 の規定による大学において、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者

ロ 学校教育法 の規定による大学において、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程において優秀な成績で単位を修得したことにより、同法第102条第2項 の規定により大学院への入学が認められた者

ハ 学校教育法 の規定による大学院において、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専攻する研究科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者

ニ 外国の大学において、心理学、教育学、社会学、芸術学若しくは体育学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者

お問い合わせ

総務課 人事係

TEL
082-820-1510
FAX
082-820-1522
メ-ルアドレス
soumu@town.saka.lg.jp